病院内/事業所内の保育(託児)は【日本福祉総合研究所】

事業所内保育(託児)の日本福祉総合研究所 > 事業所内保育所(託児所)サービス > トピックス

トピックス


ネスレ日本株式会社霞ヶ浦工場における
事業所内保育施設の運営受託を開始しました。

2012年4月12日
株式会社日本福祉総合研究所
当社(株式会社日本福祉総合研究所 本社:東京都渋谷区 代表:安永愛香)は、ネスレ日本株式会社(本社:神戸市)が、霞ヶ浦工場(茨城県稲敷市)に開設しました事業所内保育園(名称:ねすれっこ・はうす)の運営受託を開始いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

開園時間はモーニングシフトに合わせた6:30から
「自然との一体化」をコンセプトにした建物配色

  • 名称は社内公募により「ねすれっこ・はうす」に決定。
  • 開所時間は7:00-15:45の“モーニングシフト”、8:30-17:15の“レギュラー・シフト”に合わせて設定
  • 「自然との一体化」をコンセプトに建物を配色しています(イメージ図参照)
イメージ図

1.設立の背景と目的

ネスレ日本は、「女性の感性・能力をさらに製品へ生かし、男性に育児参加を促す」ことを目的として新たに保育施設を設置することになりました。
特に女性社員の環境整備については、2020年までに全社の正社員に占める女性の比率を2009年(13%)の倍に高める目標を掲げています。
「育児休業最大10日間有給化」など従来の施策に引き続き、今回の事業所内保育園開設により男性社員の育児参加も促します。

また、霞ヶ浦工場では、ほぼ全員が自動車で通勤しており、多くの社員がシフト制で勤務しています。開いていない保育園が多い早朝7時からのシフト勤務時にも子どもを預けられること、子どもの急病時にすぐに様子を見に行かれること、往復の通勤時に子どもと密なコミュニケーションが図れることなどに期待をしています。

当社は「にんげん力を育てる保育」を理想に事業所内託児所事業を行ってきましたが、自然あふれる霞ヶ浦の環境を生かし、さらに充実した専門性の高い保育事業サービスを提供してまいります。


2.ねすれっこ・はうす概要

施設名称 ねすれっこ・はうす
開設日 2012年4月2日
開所時間 6:30-19:30
定員 30名
敷地面積 221.93平方メートル
児童年齢 従業員の児童(生後9週目以降小学校就学の始期前まで)

本件に関するお問い合わせ

株式会社日本福祉総合研究所 広報担当
Mail:info@jwri.jp
TEL:03-5786-1170(代表)